ゆったり浸かる温泉

ゆったり浸かる温泉

温泉一人旅を満喫しよう!

皆さん、一人旅ってしたことありますか?
温泉旅行は誰かと行った方が楽しいと思い込んでいませんか?
いえいえ、一人だからこその楽しみ方があるのです!
1、どんなに長風呂しても誰にも責められない
連れがいると、どうしても時間を気にしなくてはいけません。
異性であれば、お風呂の外で何時に待ち合わせ、となるでしょう。
同性であっても、「のぼせたから先上がるね・」と言われると、あんまり長湯もしていられません。
最もお風呂を満喫できるのは、一人旅に間違いありません。
2、その時の気分で行動できる
温泉街にはたくさんのお土産物屋さんや、食べ歩きスポットもあります。
食事に行くつもりで歩いていたけど、突然食べ歩きに切り替えたくなった…
そんな時文句を言う人はいません。あなたの気分次第で、好きに行動すれば良いのです!
3、たくさん声をかけてもらえる
連れがいると体験できないのが、全然知らない人からあれやこれやと声をかけられること。
不思議なもので、一人旅だと声をかけられる率がグッとあがります。
宿の人や、お土産物屋さん、食事処…ありとあらゆるところで声をかけられます。
恐らく一人だと話しかけやすいのでしょうね。
意外な交友関係が広がるかもしれませんし、地元の人しか知らない穴場などを知れるかも…。
いかがでしたか?そこには一人でしか味わえない楽しさがあります。
あなたも一度「温泉一人旅」しませんか?

温泉の湯めぐり一人旅は最高

  温泉の湯めぐり一人旅程、最高な旅行は多分、この世にないでしょう。まず、一人旅ということで、誰にも気兼ねせずに、ただ自分だけが楽しむことができるといったメリットがあります。また、目的地が温泉というのも、最高でしょう。列車等に揺られて、そこでビール等を飲んで、その足で、温泉に浸かって旅館の自分だけの部屋で寝るといったことは、何物にも代えがたい贅沢なひと時と言えるのではないでしょうか。では、その旅行で行く場所は、どういった所が良いのでしょうか。
  多分それは男性、女性で分かれてくると想定されます。男性の場合は、お湯につかること以外の楽しみを求める場合もあるでしょうが、現在の主流はひなびた場所で一人、湯につかるといった感じが多いのではないでしょうか。そして女性の場合も、それと同様でしょう。昔流行ったコンクリート造りの豪華な温泉旅館も良いでしょうが、ひなびた湯治場的雰囲気を残す場所こそ、今は求められているのでしょう。

注目サイト

リフォームを大阪で頼む

最終更新日:2017/6/9